毎日少しだけ掃除をすると汚れが蓄積せずに済むので効果的

あなたの家のお掃除をこまめにするための総合情報サイト

毎日少しだけの掃除をしてストレスの少ない快適空間で過ごす

忙しい現代ではなかなか毎日掃除もできません。 しかし週末だけの掃除ですと、気持ちの良い整理整頓された家に住めるのが週末だけになってしまいます。週日は乱雑な部屋で過ごすというのはストレスのもとですね。 週末に大掃除をするのではなく毎日こまめに少しだけ掃除や整理整頓をしましょう。

毎日少しずつの掃除のコツ

とにかく毎日続けることが大切ですからその点のコツをおさらいしましょう。 毎日少しずつ掃除をするときに部屋の中に一杯ものが散らかっていたら、それを整理するだけで時間がかかってしまいますね。使ったら必ず元の場所へ帰すということを家族全員に徹底させるようにします。

独身から既婚者まで毎日の掃除

一人暮らしの場合は仕事に追われ、主婦の場合は子供の世話や日常の家事に追われ、毎日きちんと掃除をするというのはなかなかむずかしいですね。

毎日少しずつ掃除をすることで、部屋がきれいになり、整理整頓されてきます。

会社員の場合でも、朝起きたら窓を開けて部屋の空気を入れ替えて軽く掃除をすると家の中も自分の心の中もスカッときれいになります。部屋が散らかっていると、集中力が低下するということもありますね。机の上に乱雑に物がおいてあると気が散ってしまうものです。

部屋が整理整頓されていると、探し物が減りますね。必要な時にどこにあるのかわからなくてあちこち探しまわることほどイライラすることはありません。急いでいるときには探すのをあきらめて新しいものを買ったりして無駄が出ます。

こうして整理整頓されている部屋にいると自然と使ったものは元の場所に返すなど整理整頓の習慣がついてきます。これは家族のほかのメンバーについても同じことですね。こうしたきれいな整理整頓された部屋を保つには、週末の大掃除ではなく毎日少しずつやることが大切です。毎日少しずつやっていると汚れが蓄積してしつこくなり掃除に手間がかかるということもありません。毎日5分から10分のことで、その日の汚れはその日のうちに掃除することができます。

これは心の動揺や掃除についても同じことですね。

毎日掃除をするという規則を決めるのではなく日常の習慣とすることが大事ですね。そのためには使ったらすぐにその場で掃除をしてしまうということを習慣化するとよいですね。夕飯の後片付けをしたら台所を簡単に掃除してしまうようにします。お風呂に入ったら浴槽を軽く洗うようにします。

時間のかからないついでの掃除

時間のかからないついでの掃除を自分で工夫します。 お手洗いに入ったら、出る時には便座や床の汚れをさっと吹くようにします。トイレットペーパーで拭けば十分ですね。歯磨きやひげをそっているときに鏡や洗面台のまわりを軽くふいて掃除します。入浴中でしたら、シャンプーの泡で鏡を掃除します。

TOPへ戻る